「タ」と「ハタケ」

 米、麦、野菜などを作る土地を耕地という。耕地には「タ」と「ハタケ」がある。「タ」は水を入れる耕地で、日本の米は主に「タ」で作られる。「ハタケ」は水を入れない耕地で、麦や野菜が作られる。「タ」は日本の漢字では「田」と書き、「ハタケ」は「畑」あるいは「畠」と書く。前者は中国から伝わった漢字である。後者はどちらも日本で作られた漢字、すなわち国字であり、中国から伝わった漢字ではない。中国語には「畑」も「畠」も存在しない。中国ではハタケを表すのには「田」という漢字を用いる。つまり、中国語の「田」は水を入れる耕地と、水を入れない耕地の両方の意味を持っているわけである。それにもかかわらず、「田」が日本では水を入れる耕地だけを意味するようになったのは、どういう事情によるのだろうか。

 ここで比較したいのは、日本と同様に中国から漢字を取り入れた朝鮮半島に事情である。朝鮮半島では、「田」は水を入れない耕地を意味する字である。一方、水を入れる耕地を意味する字は「畓」という字である。これは「tap」と読み、朝鮮半島で作られた字である。つまり、日本では中国の「田」という漢字から水を入れる耕地の意味だけを取り、水を入れない耕地を表すのには「畑」および「畠」という字を作った。それに対し、朝鮮半島では、「田」から水を入れない耕地の意味だけを取り、水を入れる耕地を表すのには「畓」という字を作ったのである。

 日本と朝鮮半島は、同じ古代の中国文明の影響を受けていながら、「タ」と「ハタケ」を意味する漢字に関して、なぜこのような違いが生じたのであろうか。簡単には説明できないが、朝鮮半島は古くから 1)畑作農業を中心とする華北地方の文明の影響を受けたため、「田=水を入れない耕地」という意味になったのではないだろうか。それに対して日本は 2)水田農業を中心とする華南、華中地方の文明の影響を強くうけたため、「田=水を入れる耕地」という意味になったのではないだろうか。

1) 밭농사 농업
2) 논농사 농업

*본인작문 및 일역.

 한국 한자와 일본 한자 차이의 견해와 관련하여 관심 있으신 분은 읽어보시면 좋을듯. 최대한 쉽게 썼습니다.


덧글

  • 기린 2012/06/11 00:26 # 답글

    그러고보니 좀있으면 jlpt 시험이 있군요. 유효기간 끝났는데 시험 다시봐야 하나...

    본문에 대해서는 뭐, 중궈 쪽 역사를 잘 모르니 그냥 어림짐작입니다만^^; 우리는 대륙으로

    연결되어 있고, 또 쭝궈하면 漢이었으니 그 동네 영향을 받았을 것이고, 일본의 경우는 배로

    왕래해야 하니 중국 아랫지방 쪽의 영향이 좀 더 크지 않았을까 생각해 봅니다ㅎㅎ
  • 조훈 2012/06/11 00:57 #

    일본어 실력이 상당하신 모양이네요.

    저도 밥먹고 사는 만큼 보다 더욱 정진하겠습니다.
댓글 입력 영역